公式ブログ

ICU 国際基督教大学入学の生徒さんからのメッセージ

2021.02.19

こんにちは!今日は、この春高校を卒業されるGT生徒さんにグローバル豊中のお話を伺いました。
*******************************************
 
私はグローバル豊中で3つの能力を養っていただきました。
大きく分けて幼少期(チャンダナ先生)・小中学生の頃(エレン先生・美佐子先生・久美子先生・賀子先生)・高校生(Matt先生)の
3期にわたってそれぞれのスキルが身につきました。
 
一つ目は、リスニング能力です。
いつも英語が飛び交うグローバル豊中では自然と英語を聞き取る力がつきます。
特に耳が柔軟だった保育園児の頃に受講したチャンダナ先生の授業が、今の私の英語運用能力に大きな役割を果たしています。
ネイティブスピーカーの先生や他の講師の方々と英語でお話しする中で、何を伝えようとしているのか想像する力が培われました。
私は小さなころからグローバル豊中にお世話になっていたので中学英語ではリスニングは必ず高得点でした。
これはグローバル豊中で小さいころに培ったリスニング能力があったからです。
また、単語のインプットの際も一度聞いたことがあったりしてすぐ覚えることが出来ました。
 
二つ目は、文法です。
小学生は日常英会話を中心に、中学生は学校の教科書の先取り・復習をする中で正しい文法を身につけるクラスに入っていました。
フィーリングや英単語を並べるだけの英語ではなく、細かいところ(例えば3単元のSや時制の一致など)まで指摘していただき
自分の中で修正していくうちに正しい英語を使えるようになりました。
正しい文法が身についたことでリーディングもすらすらできるようになります。
高校生になってからは英字新聞や英書も読めるようになりました。
グローバル豊中のおかげで中学校の英語の定期テストで9割以上安定して獲ることができました。
 
三つめは、コミュニケーション能力です。
高校生の時は、個人的にアウトプットすることが苦手だったのでmatt先生のconversationのクラスの入りました。
このクラスでは会話だけでなくディベートをしたり時事的なニュースを扱って自分の意見を伝えました。
最初は思っていることをすぐに英語にできませんでしたが、回数を重ねるごとに言い換えて伝えることができるようになりました。
また、matt先生が私の意見に対して深く掘り下げてくれるので、論理的に考えられるようになりました。
 
様々な情報であふれているこの時代に必要とされるクリティカルシンキング、ロジカルシンキングが養えます。
また、日本人が苦手とする「あなたはどう思う?」に対して答えられるようになります。
 
私は春から国際基督教大学で学びますが、上記にあるどのスキルも今後の私を支えてくれます。
さらなる向上を目指して将来はグローバルな場でも通用するイングリッシュスピーカーになりたいです。

© グローバル豊中. All rights reserved.