公式ブログ

グローバル茶会

2017.06.22

雨上がりの次の日、緑がとても目に鮮やかな時、グローバル茶会が

グローバル豊中阪大前教室で開かれました。今回の目的は

まずはお茶会を楽しむこと。その次に、外国の方にどのように

日本の文化である茶道を伝えるかという勉強のためです。お手前を

してくださったのは生徒さん、そして元生徒さんの3人の方々です。

事前に茶道の歴史や文化的背景、そしてお茶をいただく方法の英文を

参加者に会の一週間前に配ってくれましたので、会に参加するこころ

づもりができました。当日、主催者の一人の方に、英語で説明して

いただく予定にしておりましたが、茶会には一定のリズムが必要と

いうことと、初めてお茶会を体験する方もおられたので、正客に主催者の

一人に入っていただき、たち振る舞い、お茶のいただき方を日本語で教えてもらい

ました。6月の梅雨の合間ですので、主菓子はアジサイ、おひがしはあゆを

かたどったもの。豊中の和菓子屋、京冨さんのおいしい作品でした。

日常を離れた時と空間の中で心休まるひと時を過ごさせてもらいました。

その後、主催者の方々に英語で質問をして英語で答えてもらう機会を設けました。

その中で、エレン先生が「以前にお茶会に出席した時、何も分からず途方にくれたけれども、

今日、一つ一つの動作にには意味があると言うことがわかり、ゆっくりと楽しみことが

できた。」といってくださったことはこれからのグローバル茶会をする意味が明確になった

ような気がしました。

今回、こんなに素敵な本格的なお茶会開いてくださった3人の方には

心よりお礼を申し上げました。次回、もみじの季節に又、お願いする予定です。

英語でのお茶会にご興味のある方はいらっしゃいますか?

© グローバル豊中. All rights reserved.